イスタンブール空港出発~トルコ自毛植毛

ついに、トルコでの自毛植毛手術の日程が終わり日本に帰る日となった。

あと、トルコ・エステセンタークリニックについて、言い残したこと。

インタビュー動画撮影のこと。

インタビューの中で、トルコ・エステセンタークリニックのストロングポイント3つ

1.コストパフォーマンス

2.ヒゲまでドナーにできる

3.先進の技術力

トルコ・エステセンタークリニックでの自毛植毛についてのビデオ動画

そのうち出るだろう。

顔のモザイク付きで・・・

「ありがとう、エステセンター!」

と手を振りながら、トルコ語で話した。

 

さて、イスタンブール半日観光が終わり、

通訳のHさんがイスタンブール大学の近くで教科書を買うため、大学付近まで、歩いて行った。

そこから、タクシードライバーとの待ち合わせ場所まで歩く。

途中に出くわしたこと2つ。

1つ目、トルコのカラスは黒、灰、白の3色?

2つ目、赤で進めの矢印、信号が故障して、渋滞発生。

渋滞を横目にして

お迎えのタクシーが来た。

3-4名の先客が乗っていて、相乗りである。

30分-40分くらいだろうか

空港に着く。

通訳のHさんは、イスタンブール空港内で便利だよ、と言って

自分のWIFIアカウントまでつなげてくれた。

ありがとうございました。

頭には帽子をかぶっている。

トルコ・エステセンタークリニックのロゴの入った帽子をかぶる。

もちろん、パスポートチェックの時は帽子を脱ぐことになる。

チェックの担当者は仕方がないにしろ、後ろの視線が気になる。

その時は、もう包帯は外していて、刈上げとソリ残しと赤い血の跡と奇妙なヘアースタイルだからだ。

トルコ出国の時と 日本の入国の時は、帽子を脱ぐことになる。

 

イスタンブールからアブダビを経由して成田空港、成田空港から地元の最寄り駅、バス停までのコースで帰路に就いた。

当時、小正月で、最寄りのバス停から神社のどんど焼きの準備で顔見知りに会うのを、びくびくしながら、ゴロゴロを引いて自宅についた。

そのうえ、地元の家庭にお札を配る役があり、

さて、この頭の状態で、

どう地区の人達にお見せするか迷ったが、

内外のご批判をものともせず、

黒ふりかけで難を逃れることにした。

手術痕に黒ふりかけ、まあ、最悪だろうな。

待てよ。

黒のふりかけは、毒じゃないだろ、

黒いからってバイ菌じゃないぞ。

そんなこと言ってると、

ブラックピープルにおこられるぞ。

相変わらずの言いぐさ。

担当医には1ヶ月我慢しろと言われたのに。

これからは、トルコ・エステセンタークリニックの帽子で過ごせと言われたのに。

このおバカな、、、、。

いつも、わがままで、ひねくれて人の意見を聞かない

まさに、ピッカリピカ男のやり方だなって思う。

そして、悪いことに、黒ふりかけがいつまでも残ってしまうことになるのである。

*黒ふりかけ=ハゲ隠し用の黒いパウダーのこと。

トルコ・エステセンタークリニックお客様サポート、

トルコ自毛植毛のお問い合わせはこちらです。

 

 

トルコ自毛植毛のエステセンター・ジャパン

エステセンタージャパン

#エステセンタージャパン
#トルコ自毛植毛
#カウンセリング
#エステセンター
#ハゲ
#自毛植毛
#薄毛
#FUT
#つむじ
#かさぶた
#髪の色
#増毛写真
#自毛植毛
#頭頂部
#薄毛
#トルコ自毛植毛
#イスタンブール観光
#ハゲ隠し
#トルコ・エステセンタークリニック
#トルコ
#エステ
#神社
#クリニック
#ヘアースタイル
#自毛植毛
#帽子
#イスタンブール
#成田空港